少し前のことなので記憶が曖昧ですが…。
0.走行ログ※手作業でlog修正したのでUPしてみた。


1.主催:ヴェロクラブランドヌール青葉

2.コース
URL:https://sites.google.com/site/aobabrevet/2013/brm216du-liang-lai
スタート:京王多摩川河川敷
PC1:越生
PC2:高崎
PC3:栃木市沼和田
PC4:越生
ゴール:矢野口
受付:ジョナサン

3.同伴者:Duckさん、すんださん(都合につきDNS)

4.装備
(1)ホイール:
・BULLET Ultra ほとんど平地メインのコースの為

(2)ライト※リアライトは省略
・DOSUN A2
・MJ-816

(3)ウェア:
・ゴールドウィンの0度対応上下
・ファイントラックメッシュ長袖インナー
・パールイズミのウインドブレイクインナー
・白金カイロ(燃料は24時間分)、腹部に専用ポケットで格納。
→汗で塗れて発熱量が減少したような…。
・パールイズミのウインブレ(夕方以降使用)
・ゴールドウィンの0度対応グローブ
・パールイズミのインナーグローブ
・DEFEET靴下
・貼るホッカイロ
・スペシャのシューズカバー
・ネックウォーマー
<予備としてサドルバックに格納>(全部未使用)
・コンビニ製インナーグローブ
・DEFEET靴下
・PISSEIの長袖インナー
・ユニクロ製プレミアムダウンジャケットMサイズ
・輪行袋

5.当日の目標
・ブルベデビューのDuckさんを時間内に完走させる。

6.当日の模様
・Duckさんには、完走を確実にするため、休憩は最低限にしてナルハヤで走行することをお願い。
・Duckさんは、車でスタート地点に到着し、受付で寒さの中談笑。
・烈風が吹き荒れる中、受付し、ウェーブ方式でスタート
・飯能あたりまで信号峠と強烈な向かい風(多分10km/h以上)
※途中、思い出のルートを通過したため精神を削られまくり(>_<)
・高崎のPC2まで猛烈な向かい風が続く。
・途中、赤城乳業の工場前で停止し、記念撮影。
001
・Duckさんは先頭牽きをしつつ20km/hも出ない状況が続く。
※私はドラフティングはしないです。怖いのと、自己完結なブルベでトレインは性に合わないため。
・何度か前に出て25-28km/hで牽くも、Duckさんは千切れてしまい意味がない。このため、先頭牽きは諦めて後ろからプレッシャーをかける作戦に変更。
・PC1、PC2とも短時間休憩で走行に復帰。本当はPC2で昼飯を食べたかったようですが(私も)、心を鬼にして、折り返しを過ぎるPC3でランチすることに。
・スタートからPC2は左からの横風。市街地は風が回って何度か怖い目に。信号峠もそこそこあり。
・PC3栃木市沼和田でカップめん等を買って、やや長めの補給。
・折り返しも右から来る猛烈な北風でガタブル。ただし渡良瀬CR付近は追い風となり快調に巡航(35-40km/hらしい)
・渡良瀬CRは日のあるうちに通過できたため、楽ちんでした。
・PC4越生に到着。ここからゴールまで70km程度。Duckさんには、残20kmで休憩を入れようと提案。
・風は帰路も何故か向かい風。もしくは無風。追い風らしきものはほぼゼロ。
・途中で日が暮れ気温が低下してきたため、ウィンブレを装着。また、ライト類も点灯。
・Duckさんは必死の形相で前を牽きます。とにかく休憩ポイントに早く到着して休憩したくて、殺気を漂わせていましたwww
・残20km地点でコンビニに立ち寄り。おでんの大根を食べて気持ちと身体をやや回復。
・ゴールを目指して再スタート。ここからが気持ち的に長い…(>_<)
・ゴール(ローソン)に到着して買い物&レシートをゲット。時間は17時間ちょうどでした。
・受付のジョナサンに向かい、受付を完了。